未刊詩篇

中原中也

目次

未刊詩篇

  1. 〔一九二〇年-一九二三年〕
  2. 〔一九二三年-一九二八年〕
  3. 〔一九二八年-一九二九年〕
  4. 〔一九三〇年-一九三二年〕
  5. 〔一九三三年-一九三四年〕
  6. 〔一九三五年-一九三七年〕

〔一九二三年-一九二八年〕

  1. タバコとマントの戀
  2. ダダ音樂の歌詞
  3. 春の日の怒
  4. 戀の後悔
  5. 不可入性
  6. (戀の世界で人間は)
  7. (天才が一度戀をすると)
  8. (風船玉の衝突)
  9. (何故親の消息がないんだ)
  10. 自 滅
  11. (あなたが生れたその日に)
  12. 倦怠に握られた男
  13. 倦怠者の持つ意志
  14. 初 戀
  15. 想像力の悲歌
  16. 古代土器の印象
  17. 初 夏
  18. 情 慾
  19. 迷つてゐます
  20. 幼き戀の囘顧
  21. (題を附けるのが無理です)
  22. (何と物酷いのです)
  23. (テンピにかけて)
  24. (假定はないぞよ)
  25. (酒は誰でも醉はす)
  26. (名詞の扱ひに)
  27. (酒)
  28. (最も純粹に意地惡い奴)
  29. (バルザック)
  30. (ダツク ドツク ダクン)
  31. (古る摺れた)
  32. 一 度
  33. (ツツケンドンに)
  34. (女)
  35. (頁 頁 頁)
  36. (ダダイストが大砲だのに)
  37. (概念が明白となれば)
  38. (成 程)
  39. (過程に興味が存するばかりです)
  40. (58號の電車で女郎買に行つた男が)
  41. (汽車が聞える)
  42. (不隨意筋のケンワク)
  43. 呪 咀
  44. 眞夏晝思索
  45. (人々は空を仰いだ)
  46. 冬と孤獨と
  47. 或る心の一季節
  48. 秋の愁嘆
  49. 無 題(緋の色に心はなごみ)
  50. 秋の日
  51. (かつては私も)
  52. (秋の日を歩み疲れて)
  53. 無 題(あゝ雲はさかしらに笑ひ)
  54. 涙 語
  55. 浮浪歌
  56. 春と戀人
  57. 夏の夜
  58. かの女
  59. 少年時
  60. 夜寒の都會
  61. 地極の天使
  62. 春の雨
  63. 屠殺所
  64. 無 題(疲れた魂と心の上に)
  65. 處女詩集序
  66. 詩人の嘆き
  67. 聖淨白眼
  68. 秋の夜
  69. 冬の日
  70. 幼なかりし日
  71. 間奏曲

このファイルについて

底本
中原中也「中原中也全集 第 1 巻」角川書店
1967 年 10 月 20 日 初版發行
1967 年 11 月 30 日 三版發行
中原中也「中原中也全集 第 2 巻」角川書店
1967 年 11 月 20 日 印刷發行
入力
イソムラ
2004-03-31T16:50:45+09:00 公開
2010-02-19T12:05:00+09:00 追加・修正
概要
底本を元に HTML 形式への変換を行っています。XHTML 1.1 と CSS 2 を使用しています。
ひらがな・カタカナなど基本的に底本のまま入力していますが(末黑野、未刊詩篇のカタカナ繰り返し記号 (*) を除く)、漢字はMS Pゴシック(MS PGothic)及びMS P明朝(MS PMincho)に含まれていないものはいわゆる新字に変換しています。

http://www.junkwork.net/txt